無生産SEのブログ

アラフォSEが技術、資格、日本独特のSEという職業について綴ります。

ルンバのバッテリーを交換したの巻

うちのルンバくん

ぐーたらな家族のために、せっせとお掃除してくれるルンバ780くん。

f:id:munenori0705:20170617082253j:plain

最近は、30cm進むと女性の声で「バッテリーを充電してください」と訴えてきます。ルンバくんではなく、ルンバちゃんでしたね。

 

バッテリー購入

ルンバのマニュアルを見てみますと、1年程度で交換だとか。

すでに3年使っております。

ネットでバッテリーの値段を確認しますと、10,800円。正直、高いのです。

そこでアマゾンを物色しますと、ありました、互換品。インクジェットプリンタのインクと同様に互換品が存在し、安いのです。

Amazon CAPTCHA

 

容量も大きく、価格も3分の1。早速購入いたしました。

 

交換作業

翌々日には到着しバッテリー交換作業です。

いたって簡単、ルンバをひっくり返しバッテリー部分のカバーを外します。

※汚いのはご愛敬です。

f:id:munenori0705:20170617083632j:plain

  バッテリーを取り出し、新しいバッテリーをセットします。

左が純正、右が互換品(ロワジャパン)です。当然ですが形も同じですね。

f:id:munenori0705:20170617083955j:plain

セットします。

f:id:munenori0705:20170617083800j:plain

 これでルンバが復活しました。

f:id:munenori0705:20170617084115j:plain

まとめ

純正品は高いが安心ですが、互換品でも十分かなと思いました。

ただし、Amazonなどで高評価のバッテリーを購入することをおすすめします。

ホームベースで充電しっぱなしのルンバのような機器は、バッテリー回路が適当だと火を噴きますので。

 

VAIO Pro mk2 リカバリー失敗の巻

ThinkPad X1 Carbonもやってきたし、旧メイン機のVAIOを初期化して売却してやろうと、リカバリをしてみたら、リカバリに失敗したお話。

 

VAIO pro mk2の売却価格

ThinkPad X1 Carbonの使い心地が思いのほか良く、もう一気に移行してしまえと作業しつつ、VAIOちゃんは一体いくらで売却できるのかと「じゃんぱら」に問い合わせてみましたら、

f:id:munenori0705:20170617075538p:plain

 

¥57,000

思いのほか、高く売却できそうです。

これはさっそくデータをThinkPadに移行し、工場出荷状態に初期化して「じゃんぱら」に行かねば!となり、さっそく作業をしました。

 

問題発生!

VAIOちゃんは元々、Windows8.1 UpdateをWindows10 Creators Updateまでアップグレードしているので、まずはSSD内のリカバリデータをUSBメモリにコピーして初期化する必要があるのです。

作業手順はこんな感じです。

Windowsの機能でリカバリメディア作成

VAIO起動ロゴ中にF3キーを押して、VAIOレスキューを表示

リカバリメディアから復元

 

マニュアル通りにやりましたら、

f:id:munenori0705:20170617080107j:plain

「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました。変更は行われませんでした。」

??

???

!!!!!!!!

完全初期化しようとしましたので、Windowsも綺麗さっぱりになっているようで起動いたしません。にっちもさっちも状態なのです。

f:id:munenori0705:20170617080113j:plain

 

VAIOサポートへ

マニュアル通りに実行して、このような事態になるのは納得できません。

VAIOサポートへ連絡。Windowsの問題なのかもしれませんが、VAIOのユーティリティを利用してこのザマです。

このたびは、VAIO でご不便をおかけし申し訳ございません。
添付の画像、並びに以前キーボードの件で
お問い合わせいただきました内容につきましても確認させていただきました。

キーボードも4キーだけがほかのキーに比べて沈み込んでいるので以前問い合わせておりました。

この件含めて、修理に出すことになりました。

加入しているソニーストア3年ワイド保証がどこまで有効なのか、非常に興味がありますので、修理代金が上がってきたら、またご報告する次第です。

 

 

ThinkPad X1 Carbon 2017 レビューその3

Creator's Update

そういえば、前のVAIOにはCreator's Updateをインストールしていたのに、Thinkpadにはインストールしていないな、と気づきました。

 インストー

 Creator's Updateは、自動インストールされないので、Windows 10 アップグレード アシスタントをダウンロードし実行。

勝手にどんどん簡単に行きます。

 

で、再起動

 

f:id:munenori0705:20170603081351j:plain

なんてこった。

どうも、「Netwtw04.sys」というワイヤレスLANのドライバがまずい?昔のWindowsは、このIRQのエラーがよく出ていたけど、7以降見たことなかったな。

この画面から全く動かなくなったので、強制電源オフ。

とりあえず、デバイスマネージャを確認して、ドライバ更新。

f:id:munenori0705:20170603081754p:plain

 

更新後は、快調に動作しています。

 

 

ThinkPad X1 Carbon 2017 レビューその2

本日はデバイス関連

本日はThinkPadに搭載されているデバイス関連を少しだけ。

と書いたところで、デバイスマネージャやらフリーソフト使って、部品名調べるのか、メンドイと思って、ググってみたら

Lenovoって、PC本体のシリアル番号から構成部品を確認することができるのね。

ということで

 

partslookupを確認

http://pcsupport.lenovo.com/jp/ja/partslookup

上のURLへ飛ぶと下のページが表示されるので、シリアル番号を入力します。

あ、シリアルは自動検出してくれますよ。

*1

partslookup

f:id:munenori0705:20170528082249p:plain

こんなサポート画面が出てきて、部品が並んでいるようだ。

ここからパーツを調べてみよう。

と喜んだが、あくまでThinkPad X1 Carbonで使われる部品が記載されているだけで、自分のPCにどれが組み込まれているかはわからない、っぽい。

ま、とりあえず部品がどんなのがあるかはわかるので。。。

f:id:munenori0705:20170528082711p:plain

 

ざっとパーツ調査

f:id:munenori0705:20170528083906p:plain

ディスプレイ

フルHDパネルである。

AUO製とBOE製があるみたいだが、どちらもひと昔前は評判が良くなかった。でもThinkPadの画面は視野角もよく、明るく綺麗である。

で、結局どちらが組み込まれているかわからない。

調べる方法があったら、教えてください。

画面解像度だが、スケーリング100%にすると文字が小さすぎて見づらい。そして、目が痛くなる。皆は100%で使っているのだろうか、そしてQHDや4Kってどんなことになるのだろうか。

スケーリング:125%f:id:munenori0705:20170528084953p:plain

スケーリング100%f:id:munenori0705:20170528085039p:plain

SSD

これは、デバイスマネージャで確認できた。
パーツリスト上は、SAMSUNGだが、実際は東芝製だった。最近はSAMSUNGのほうが性能が良いと聞くので、少し残念でもある。

SSDf:id:munenori0705:20170528094024p:plain

性能はこんなもので、早いのかどうかがイマイチわかりません。
f:id:munenori0705:20170528095221p:plain

今回のまとめ

なんだか取り留めのない記事になってしまった。

とりあえずディスプレイメーカーを調べてみたいと思います。

ブログなんて10数年前は毎日のように書いていたけど、久々で何を書いていいかわからん!

次からは、日本のIT業界について、幅広く記事にしていこうかと思います。

 

 

 

 

 

 

*1:うーん、パソコンの情報が簡単に抜かれてる?

ThinkPad X1 Carbon 2017 レビュー

パソコン購入

迷いに迷った挙句、ThinkPad X1 Carbon 2017を購入しました。

 

パソコン買替決断

最近、全然IT技術者ぽいことしてないなあ。AIやらFintechやらと益々IT業界がBuzzWordに踊らされているのに、波に乗れないのもなんだかなあ。

ってことで、所有しているVAIO Pro 13 mk2 にVisualStudioやらPythonやらをインストールすると、ディスク容量不足でインストールできない事態に。

他にも

  • この年になって学校に通いたくなり受験準備を隙間時間や会社帰りにしたい
  • イデアソンに出て、若い技術者たちと切磋琢磨したい
  • とりあえずAIでもやってみっか

いろいろとあって、パソコンの選定を始めました。

パソコン選定

3月頃はちょうどパソコン新製品発売ラッシュ時期。こんなのが候補に上がる。

HP Spectre x360

f:id:munenori0705:20170520142847j:plain

LAVIE HYBRID ZERO

f:id:munenori0705:20170520142849p:plain

 

 なんで同じポーズの写真なのかは置いといて。

Spectreはスペックに対し非常に価格が安い、けどキーボードが変態的配置。

昔のPCにはよくあった気がするけど、プログラミングと文章書くのがメインになる端末なのでキーボードは譲れない。なので、今回は脱落。

f:id:munenori0705:20170520143954j:plain

LAVIEは、軽くてモバイル用途には完璧なんだけど、これもキーボードがたわむのが気に入らず脱落。

で、候補にあがったのが、ThinkPad X1 Carbon。

キーボードよし、そこそこ軽い、画面大きい。Lenovoであることを除けば(笑)、選択としては最良と判断しました。

 

開封の儀

5月3日(水)にヨドバシで注文し、5月18日(木)に到着しました。*1

スペック

  • CPU  Core i7 6500U
  • メモリ 16GB
  • SSD 256GB
  • LTE なし
  • IRカメラ なし

 

パッケージ

f:id:munenori0705:20170520145622j:plain

最近のパソコンって派手な箱なのね。一度開けたら、修理に出さない限り使わないので正直どうでもいいが、意外にかっこよい。

f:id:munenori0705:20170520145625j:plain

さすが中華。赤い。

 

本体外観

f:id:munenori0705:20170520145629j:plain

10年以上前に使ってたThinkPadの外観と一緒。VAIOのほうがオシャレである。

 

f:id:munenori0705:20170520145632j:plain

ACアダプタは小さい。

 

f:id:munenori0705:20170520145633j:plain

起動。赤ポッチも健在。キーボード配置も使いやすい配置だが、Ctrlが一番端にないのが気にかかる。会社のLet'sNoteも同じ配置なので、もうこれからはこの配置が家でも会社でも標準!

ざくっと感想

このブログもThinkPadで書いているが、ちょっとキータッチが重いかな。使っているうちにヘタってきてちょうど良くなれば。

仕事が忙しく、まったく触れていないので、次回インタフェースやベンチマークVAIOちゃんと比較していきたいなと思います。

*1:ちなみにオンラインショップよりも、ヨドバシで買ったほうが割引率が高いです